催眠術に入れない最も多い最大の原因と対処法

bicycle-hypno

よく他の催眠術師の方にかけてもらったものの、その時はかからなかったという方からのご依頼をたくさんいただきます。

GAY SAIMIN TOKYOではそういった方も確実に深い催眠状態へと導き、願望実現のお手伝いをさせていただき結果を残しています。

催眠術にかかりたくてもかからない原因

しかしながら、この催眠状態に入れない原因として最も多いのが催眠術に対する

「恐怖心」

です。

あなたが普段催眠術と触れることが多い場面としてはTVやネットなどの動画によるものが多いと思います。
そのTVや動画では演出のためかなり過剰であったり誤解を生むような表現がされていることがあります。

そうした情報だけを元に催眠術をとらえてしまうと、確かに私もまるで霊能力か魔術の類なのかと思って恐怖すら感じます。

催眠術なんかかけられたら、

  • 術者に操られてしまいおかしくなってしまうのではないか?
  • 誰にも言えない秘密を話してしまったらどうしよう?
  • 変なことをさせられたりするのでは?

と恐怖心を抱くのも当然かと思います。

しかしながら、本来は受ける側の方のかかりたいという思いがあって初めてかかるものなのでこのように
催眠術にかかることに「恐怖心」を抱いている方は非常にかかりずらくなります。

なぜなら、催眠術に対して恐怖心を抱くことで、無意識のうちに催眠術を拒否しまうからです。

かかりたいという気持ちと、怖いという気持ち。
どちらも持っているという方もいらっしゃった場合、どちらの気持ちが勝つと思いますでしょうか?

答えはこの例えをイメージしていただくととても理解しやすいと思います。

bicycle-hypno

あなたは自転車に乗っています。

べダルを思いっきり踏みながらブレーキも全力で握るとどうなるでしょうか?

自転車は止まったままになります。

これは車でも同様でアクセルとブレーキを両方踏むと車は止まった状態になります。

car hypno

どちらも走り出したいと思いつつ、全力で前に進もうとするものの
それ以上にブレーキの力というのは強く同じ全力であっても前に進むことはできません。

かかりたいという思いがあっても、恐怖心があると無意識はあなたの身を守るため、恐怖を感じるもの(催眠術)に対してかかってもいいという判断をしません。

克服法

では、この恐怖心を克服する方法は?

人が何かに恐怖を覚えるのはその物事を知らないからです。

例えばお化けや幽霊が怖いのはその実態を知らないからですし、身近なものでも知らないものやわからないものに対しては身の安全のため警戒心を抱いたりします。

hypno sneak

ヘビをイメージしてもらうとわかりやすいかと思いますが、画像と同じ蛇を違うシチュエーションで見てみるとよくわかると思います。

一方はジャングルの奥地に生息する大きな蛇に突如として遭遇すると非常に怖くて腰も抜けてしまいそうかと思いますが

アニマルカフェかなにかでムツゴロウさんに「この蛇は毒もないし、牙も抜いてるから安心だよ」と言われてから首の上に蛇をおかれるのとでは、その恐怖感は雲泥の差ではないでしょうか?

前者では何も情報がないどころか、

ジャングルの奥地×何があるかわからない×突然の大きな謎の蛇=激怖

後者では、

動物と安全に触れ合うことができる施設×動物のプロの意見×きれいな色の蛇=安心

と同じ蛇でも、いきつくところが真反対となります。

知らない土地で知らない人から話しかけると警戒心や恐怖心が強く働くが
近所でいつも顔を合わせる人から話しかけるのとでも全く警戒心や恐怖心の働き方が違ってきますよね。

つまり人は「情報を得る」「知ること」で、その物事に対する恐怖心や警戒心を解くことができる。

言い換えると「知ること」でその物事に対して適正な恐怖心と警戒心のレベルへとコントロールすることができるようになるとも言えます。

催眠術とは本当はどういったものなのか?

このあたりをクリアーにすることにより安心感が生まれ、今まで催眠術に対しての間違った認識から、催眠術にかかれなかった人がGAY SAIMIN TOKYOでは催眠術にかかるようになっていっています。

GAY SAIMIN TOKYOでは最初にお会いした際に、催眠術に対してどのような認識やイメージをお持ちなのかヒアリングし、正しい催眠術のご説明から始まります。
そして、これから催眠術でどういったことをするのか事前に全てご説明させていただき、ご納得いただいてから催眠術に入ります。

これにより、受ける方の不安は軽減されかつ、やることが明確にイメージできるため催眠術に対して、安心感と集中力をもって受けていただくことが可能になります。

そのため、GAY SAIMIN TOKYOでは100%の成功率を維持し続けています。

あなたにできることは?

催眠術にかかりたくてもなかなか、かかることのできないあなたでもご自身でかかりやすくするためにできることがあります。

  • 催眠術についての書籍を読む。
  • 実際に催眠術にかかった人の話を聞いてみる。

文字通り、情報を得ることで不安をなくせるのでこのサイトで催眠術についての知識を深めていただくのもOKですが、催眠術については昔からたくさんの書籍が販売されていいます。
それらを読むことでさらにあなたの中の確信が強くなることは間違いありませんしそこから恐怖心も自然と消えていきます。

また、実際にかかった方のお話などを聞くとかなり安心できると思います。
特にもともと、かかりにくかった方でかかるようになった方はかかりにくいあなたの先輩的な方にあたるような方なので、その方がどのようにしてかかるようになったのか詳しくお伺いしてみるのをオススメします。

さらに常に体に緊張があり、リラックスできない人もかかりにくい人の特徴です。

瞑想やストレッチ、ヨガなどリラックス効果のあることをすることで、リラックスする感覚を養い
催眠術がかかりやすくなる体を作っていくことができます。

正しい知識を持ち、恐怖心をなくした頭とリラックスする感覚を身に着けた体で
催眠術をかかりやすくする準備をして、ぜひ催眠術をご依頼ください。

様々な問題解決や願望実現などに催眠術が最も効果的かつ最短な方法だということをありありと理解することができるます。
準備から行動を起こし、明るい未来を手にしましょう。

ご依頼はコチラからお受けしております。



1 thought on “催眠術に入れない最も多い最大の原因と対処法

  1. ピンバック: あなたの催眠術のかかりやすさ診断 – ゲイの催眠術

コメントを残す