人の目を気にしない3つの方法

世の中には2つのタイプがいます

  • 人の目ばかり気にして自信がない人
  • 人のことなど気にせずやりたいことを自信満々でする人

この二人の違いは

元々、人にどう思われれるか気にしてしまう性格だから、人の目が怖いんだという人がいるかも知れません。

しかし、実際には人間に先天的に備わった恐怖は落ちる恐怖と大きな音に対する恐怖だけです。
それ以外の恐怖、人にどう思われるかという恐怖は後天的、すなわち取り除くことのできる恐怖です。

人の目を気にしない

1つ目は誰もあなたのことなんて気にしてないと気づくこと

「僕らは福山雅治じゃないんだ理論」と言うものがあります。

これはショールームの社長である前田裕二の言葉で僕らは福山雅治じゃないんだから誰も大して気にしていないし注目してもない。
だから、人目を気にせず好きにやればいいと言う理論です。

前田裕二はこの理論のおかげで人前で一切緊張しないそうです。
失敗しても誰も気にしないし覚えてないと知っているからです。

あなたは道ですれ違った人が何をしていたか?
知り合いが何をしていたか?など逐一他人の行動を覚えていますか?

そんなことはありません。
周りから見ればあなたも他人の一人。
いちいち、何をしていたかなんて誰も気にしていません。

人は自分のことでいっぱいいっぱいです。
これに気づくだけで人の目を気にすることは少なくなります。

自分がコントロールできることと出来ないことを区別すること

人が自分に対してどう思うかはコントロールできませんが、自分の行動はコントロールすることができる。

例えば好きな人に告白したとしましょう。
告白して成功して相手が喜んでくれるかも知れませんし、失敗して相手と気まずくなるかも知れません。

このように告白の結果や相手の感情はコントロールできないものです。
しかし、一方で告白せずモジモジするか、告白して結果はどうであり勇気を出して行動を起こすかは自分自身でコントロールすることができます

同じように人前で何か発言するのが怖い時も他人をコントロールすることはできません。
何言ってんだこいつ、と思われるかも知れませんし、全く気にしていないかも知れません。

対して、どう思われるか気にしてずっと黙っているか、自分が言いたいことを言うかは自分で決めることができます

見た目や身長が気になって自信が持てない人も多いかと思います。これも同じように人が自分の見た目をバカにするかも知れませんし何も感じていないかも知れません。

ただ、あなた自身が自分のコンプレックスを気にしてずっと人までおどおどした人生を送るのか
もしくは人まで堂々とした人生を送るのかは、それはあなた次第です。

自分がコントロールできるのは自分の行動だけと知りましょう。

なぜ、こんな当たり前のことが大切なのか?
コントロール出来ない事をコントロールしようとするのが一番ツライからです。

人の目が気になる人は「人の思考」というコントロール出来ないものをコントロールしようとしているからです。
なので、一番最後に重要なステップは

コントロールできる自分の行動だけに集中すること

上記のようなループにおちいってしまってはますます悪循環です。
その悪習を立ち切れるのは人の目がどんなに怖くても自分が行動を起こす事をゴールに設定することです。

行動を起こすとうまくいくかも知れませんし、うまくいかないかも知れません。
でも、勇気を出して自分ができることはした!という誇らしい気持ちが生まれます。

そして、行動のために自分を褒めることができるため
どんどん自信が生まれ、

評価基準が人にどう思われたか?→自分が何をしたかに変わる!!

次に行動を起こそうか迷った時迷わず行ってみてください。

あなたが勇気を出して行動したことに価値があります。

もう、人に何かを言われたから自信をなくしたり
他人が不機嫌だから自分も暗い気分になったりするのはやめましょう。

  • あなたの価値を決めるのはあなた。
  • あなたの感情を決めるのもあなた。

全ては自分次第です。

ぜひ、コメント欄に人の目を気にせずどんな行動をとれたか書いてみてください。
あなたの行動がこれを読む多くの人の力になります。

コメントを残す